鍵屋と相談しセキュリティアップを~空き巣が嫌がる家にする~

これなら完璧?鍵屋と考える防犯対策

案内する作業員

泥棒の侵入の手口は数多くありますが、その分きちんと対策は練られています。そして、鍵屋と相談することによって正しい対策を取ることができます。ここでは、そんな泥棒の家屋への侵入方法と、それを防ぐための対策の一例を紹介します。

最新対策を解説

ピッキング
ピッキングとは、ピッキングツールを用いて解錠する手段のことをいいます。対策としては、鍵をディンプルキーにすれば予防可能です。ディンプルキーでもピッキングは可能ですが、一昔前の鍵に比べて非常に時間がかかるため、泥棒が諦めるからです。
ガラス破り
ドライバーなどでガラスの一部を破壊し、内部の鍵を開ける方法です。慣れている場合10秒程度で侵入できるため、被害は増加傾向にあります。しかし対策も簡単であり、防犯フィルムの貼り付けや補助錠の取り付けなどでガラス破りは防げます。また、ドライバーではなくバーナーで炙ってからすぐ冷やす「焼き破り」という手段もありますが、同様の手段で防げます。
サムターン回し
外部から工具を滑り込ませ、内部のサムターンを回して解錠させる方法です。対策としては鍵屋に依頼して防犯サムターンに交換してもらえればサムターン回しを防ぐことができます。他にも、補助錠を取り付けるのも有効です。

ここで説明した対策はほんの一部であり、まだまだたくさんの手口と、それに対する対抗策が存在します。しかし、最も大事なのはセキュリティを過信するのではなく、どうすれば泥棒に入られないかと考えることです。常にセキュリティは見直し、鍵屋と相談をして万全の体制を取っておきましょう。

TOPボタン